女の子が欲しいならピンクゼリー

みなさん!!当サイトへようこそ!!
このサイトにたどり着いたということは、

初めてんの子どもは「女の子が欲しい・・・」
2人目の赤ちゃんは「女の子が欲しい・・・」
男の子、男の子と続いたから3人目はどうしても「女の子が欲しい・・・」
などと思っている方が多いいのではないでしょうか?

このサイトを見ていただいている方はおそらく簡単に女の子を授かる方法として「ピンクゼリー」の存在を知っている方だと思います
私もそうでしたが、ネットで調べてみるとピンクゼリーとして通販できるものが「ジュンビーのピンクゼリー」「ベイビーサポート」「ハローベビー・ガール」の3つがヒットしてくると思います。

そして実際この3つのうちどれが一番いいの?と思っている方がほとんどだと思います。そこで実際この3つの商品を購入して、私なりに必要な基準を設けて比較し順位をつけてみました。ぜひ参考にしてくださいね。

ピンクゼリーを比較調査

おすすめの女の子産み分け方法として

  • 性行為をあっさりとする
  • 産み分けゼリー(ピンクゼリー)を使う

があります。

どちらも膣内を酸性に保つための方法で、女性がオルガスムスを感じると膣内はアルカリ性(長い性行為はNGになってしまいます。また、ピンクゼリーは膣内を酸性に保つ調整をしてくれます。

産み分けゼリーのチェック(比較)するポイント(※これをもとに比較してみました。)

  • 管理医療機器の承認を受けているか?
  • 使い切りタイプか?
  • 使い勝手が良いか?
  • 国内で作られているか?
  • ゼリーのPH値が正しいかどうか

この上記4点をまずは押させておきたいです。その上で各商品の値段、特典、返金制度などを比べていただければ大丈夫かと思います。

女の子が欲しい!次はどうしても女の子が欲しい!そんなママに話題のピンクゼリー。
ピンクゼリーを使ったら本当に女の子が産まれるの?ピンクゼリーでの女の子産み分けの成功確率や、ピンクゼリーの効果を発揮させるために気をつけることについてまとめてみたいと思います。

本当に女の子が産まれる?成功確率は?

ピンクゼリーを使ったけど、赤ちゃんは男の子だった!という方もいらっしゃるようです。
ピンクゼリーを使った場合、女の子が産まれる確率は76%といわれています。

やっぱり100%じゃないんだ~がっかり。と思われた方もいらっしゃるでしょうか。でも76%ということは約8割という高確率といえます。
ピンクゼリーを使った場合、5人中4人が女の子だったということになります

精子のXとYの割合は1:1なので、何もしなかった場合は赤ちゃんの性別が男の子になる確率50%、女の子になる確率50%です。
ということは、ピンクゼリーを使うことで女の子が産まれる確率が26%もUPしていることがわかります。100%ではないとはいえ、かなり効果があると言えます。

ピンクゼリーでの産み分けで気を付けることは?

ピンクゼリーの効果を発揮させるためには、正しいタイミングで使用することも大切です。まず、ピンクゼリーは性交の5分前~直前に膣に入れるようにしましょう。
射精のときに膣内が酸性になっている必要があるので、早すぎると効果が弱まってしまいます。

また、月経周期によるタイミングも影響します。子宮頚管は、普段は酸性ですが、排卵日が近づくにつれアルカリ性になるといわれています。
つまり、排卵日の受精では男の子ができやすく、排卵数日前の受精では女の子ができやすいということになります。

ただし、精子の寿命は72時間なので、排卵3日以上前の性交では排卵前に精子の寿命が尽きてしまいます。

このことから、女の子の産み分けにベストな性交のタイミングは、排卵日の2日前だと言われています。普段から基礎体温をつけたり、排卵チェッカーなど使用したりして自分の排卵周期を把握しておくと調整しやすいですね。

実際の効果がおわかりいただけたでしょうか。女の子の産み分けは大変難しいとされていますが、試してみる価値はあります。タイミングを合わせることで、女の子を産み分けられる確率は上がります。女の子が欲しいママ・パパは、排卵日2日前を狙って、ピンクゼリーを使用してみてください。

おすすめのピンクゼリーを紹介します。

1位はジュンビーのピンクゼリー

ピンクゼリーは現在いろいろな会社が販売しておりますが、商品登録がきちんとされて、安心安全面をきちんと考えている商品はジュンビー株式会社から発売している「ピンクゼリー」のみになります。

実際私が購入した、ジュンビーのピンクゼリーはこちらになります。なんか、女の子が生まれそう・・・って感じのパッケージですねw
今回はちょっとお得な2箱セットを購入いたしました。(※2箱セットの場合、送料無料でしかも代引き手数料も無料なので、ちょっとこっちにしてみました!!)ジュビーのピンクゼリー

なにを持って安心安全なのか?

  • 厚生労働省が指定した第三者機関で承認を受けた管理医療機器商品であること
  • 産婦人科との共同開発であること
  • 国内で作られているものであること
  • ピンクゼリーという商品はジュンビーが商標登録してある。

実際ジュンビー以外の産み分けゼリーをいろいろと購入して調べてみたところ、管理医療機器商品の認可を受けているものはジュンビーのピンクゼリーだけでした。

管理医療機器の写真

厚生労働省が指定した第三者機関で承認を受けた管理医療機器商品である

管理医療機器商品とは・・・

ここで管理医療機器商品について詳しく解説いたします。
管理医療機器(クラスⅡ)
「高度管理医療機器以外の医療機器であって、副作用又は機能の障害が生じた場合において人の生命及び健康に影響を与えるおそれがあることからその適切な管理が必要なものとして、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聞いて指定するものをいう。」(薬事法第二条第6項)

管理医療機器として皆さんが知っているものとすれば
画像診断機器、造影剤注入装置、電子体温計、電子式血圧計、電子内視鏡、歯科用合金 等があります。

ちょっとわかりずらいのでもっと身近なものでいうとコンタクトレンズ、女性の生理用品のタンポン、また意外なところではコンドーム、絆創膏なども医療機器に含まれます

簡単に言うと体に使用するものに関しては薬事法に定められたものであれば安心とういうことになりますね。
もちろん化粧品に関してもきちんと薬事法に沿って作られたものだから安心というわけです。

逆に管理医療機器や化粧品などの文言がないものに関しては「雑貨」とう扱いになり、もしそれで副作用等の障害が出てしまってもしょうがないです。ということになっちゃいます。

たまたは私の知り合いに業務用美容機器を販売している方がいて、ちょっとその方に聞いてみました。その人の美容機器のHPはこちらになります。
美容機器を販売するにあたってやっぱり管理医療機器の認可は受けているといっていました。そうしないと日本で販売ができないって、、付属品のジェルに関してもエステ機器の付属品としてちゃんと認可は受けているとのこと。
この話をちょうどした時にピンクゼリーのような商品を「雑貨で販売して大丈夫なんですか?」とびっくりしていました。

※参考サイトはこちら
医療機器クラス分類
https://www.j-mdc.com/classificatonj.html

産婦人科との共同開発であること

産婦人科医と共同開発

ピンクゼリーはなんと女性にはうれしい産婦人科との共同開発になります。妊娠そして出産には必ずお世話になる産婦人科。そことの共同開発は女性にとって安全でもあるし、とっても安心できるのではないでしょうか?

産み分けゼリーは体に使うもの。安全面を第一に考えないといけないと思います。このピンクゼリーは、成分、素材、形状などきちんとプロの目からみて作られているのでとってもいいですよね。

ジュンビーピンクゼリーのPH値

ピンクゼリーのPH値

ジュンビーのピンクゼリーのPH値ですが、他の商品と比べ一番酸性の値を示しておりました。ほぼ「4.5」ですね。
品質、ゼリーの量、そしてPH値どれをとってもダントツ1位です。

自信を持ってお勧めできる商品ですね。

=>ピンクゼリーの公式サイトはこちらになります。

2位はベイビーサポート

ベイビーサポート

第2位のベイビーサポートです。2位に選んだポイントとしては、ゼリーの成分、容器含めてすべて日本製であること。またPH値が実際公表しているのと大差はなくちゃんと膣内環境を酸性に保つことが可能と思われます。ただ残念なのが、製品には製造年月日や使用期限などの記載が一切なかったこと。そして容器も若干大きく、私にはかなりの抵抗感がありました。

ベイビーサポートは管理医療機器であるか?

残念ながらベイビーサポートも雑貨という扱いになってしまいます。

ベイビーサポートのPH値に関して

ベイビーサポートのPH値

ベイビーサポートの公式サイトでは4.5~5という数値であることを公表しておりました。
実際計測してみると「5.5」という結果になりました。

=>ベイビーサポートの公式サイトはこちらになります。

3位はハローベビー・ガール

ハローベビー・ガール

第3位に選ばせていただいたハローベビー・ガールです。ゼリーに関しては国産、天然成分であるのですが、実際容器がどこで作られているか公式サイト上では公表しておりませんでした。
一番気になったのがPH値。ほぼ中性といってもいいのでは?と思うくらいの弱酸性になっておりました。

まず管理医療機器の承認に関して

残念ながらハローベビー・ガールの商品カテゴリーとして「雑貨」という扱いになります。配合されている成分をみると体に害のあるものは使用されていなので問題ないとは思いますが、もし何かあっても文句は言えない、ある意味自己責任となってしまいます。

ゼリーのPH値に関して

ハローベビー・ガールのPH値

PHを測定してみると、「6.5」。「7」が中性になるので、弱酸性という形になります。女の子を生みたい場合、膣内の環境が酸性であるのが望ましいので、ちょっと心配かもしれません。
よって3位といたしました。

=>ハローベビーガールの公式サイトはこちらになります。

3つの商品をわかりやすく比較してみました。ぜひ参考にしてください。

商品名ピンクゼリーハローベビー・ガールベイビーサポート
販売会社ジュンビーシンゲンメディカル
株式会社
Coussinet
医療区分管理医療機器雑貨雑貨
使用期限個包装に記載あり記載なし
しかし箱には製造日の記載あり
記載なし
ゼリー製造国日本日本日本
ゼリーのPH値4.565.5
使い切りタイプか使い切り使い切り使い切り
容器製造国日本
※特許取得
不明不明
金額14,800円10,800円13,800円
本数10本7本7本
1回あたり1,480円1,542円1,971円
返金制度ありなしあり
特典2個以上のまとめ買いで葉酸サプリプレゼント妊活マルチサプリメント「プレグナオールママ」1袋プレゼント)
おめでた報告で10,000円分の商品券をプレゼント!
おめでた返金キャンペーン
残ったベイビーサポートを1本1,000円で買い取り
特典2おめでたキャッシュバックキャンペーン中
1箱10,000円にて買取り
2個セットで10%オフ
3個セットで15%円オフ
2個セットで2,760円オフ
3個セットで4,140円オフ
※私がちょっと重要視したいポイントを赤字にしてみました!!

医療区分に関しては上記でかなり語っていますので、大丈夫だと思います。
もうひとつの着目点は使用期限の記載があるかないかです。ジュンビーには一つ一つきちんと使用期限が明記されております。
これはかなり大きいのでは??と思っています。二つの業者ともおめでた返金キャンペーンをしておりますが、使用期限が明記されてないと使いまわしできちゃうんじゃないの?と疑ってしまします。

私の気になるポイントを比較してみました。

容器の大きさを比較してみました。

容器を比較してみました。

わかりやすく??ボールペンを置いて3つの商品を並べて比較してみました。
見てわかる通り、ジュンビーのピンクゼリーが一番小さく、実際使う際にも抵抗感があまりないのかなぁと感じました。この写真ではちょっとわかりずらいと思いますが、他の2つは形状が丸いのですが、ジュンビーのピンクゼリーだけが、楕円形の形をしており、抵抗感がなく使用できるよう設計されていました。

ゼリーが酸性なのかをチェックしてみました。

実際の容器に張っているゼリーがちゃんと酸性になっているかをphをチェックする用紙で確認をしていました。
今回使ったのは熱帯魚で水質検査をするときに使用するものです。

ここでph値についてちょっとわかりやすく画像にしてみました。ぜひ参考にしてみてください。
ph値に関して

PH値を比較してみました。

PHの値が7が中性。7以上だとアルカリ性で7以下だと酸性になります。こうやって比べてみるとジュンビーの方がより酸性になっているのが分かります。
※写真の取り方がちょっと良くなったですね。すみません。

=>ピンクゼリーの公式サイトはこちらになります。

容量に関して

ゼリーの容量を比較してみました。

容量ですが、公表値と同じmlだったのがジュンビーのピンクゼリー。いちばん残念だったのがBabySupportです。公式HP上では「お母さん達の希望にこたえて約3倍の容量を実現」とあったのですが、実際に計測してみると1.4mlを一番少ない数値でした。こうなってくるとどれを信じてよいかわからないですね。

製品の使用期間、製造年月日に関して

ピンクゼリーの使用期限です。

「産み分けができるって本当?!成功するために必要なことは?」

赤ちゃんは、天からの授かりものなので男の子でも女の子でも嬉しいものです。愛おしいわが子が生まれてくるのです。
そうとはいえ、上の子が女の子なら今度は男の子が欲しいなど希望はあると思います。男の子と女の子を産み分ける方法などあるのでしょうか。ご紹介していきます。

いつ赤ちゃんの性別が決まるのでしょう

妊娠をする前から男の子、女の子と希望の赤ちゃんが生まれてくるように準備をします。赤ちゃんの性別はどのように決まるのでしょうか。それは精子がどのような状態で卵子と結合するかによって変わってきます。

卵子がX染色体しかないのに比べて、精子はX染色体もY染色体もあります。精子がX染色体なら女の子、Y染色体なら男の子が生まれます。
わかりやすいように図にしてみました。参考までに・・・

染色体に関して

 女の子が欲しいなら・・・

赤ちゃんは授かりものですが、男女の産み分け方法を実践してみたいと考えている方は意外と多いのではないでしょうか。女の子が欲しい!と思っている方におすすめの産み分け方法をご紹介していきます。

女の子が生まれるX精子の特徴とは・・

  • 酸性の環境に強い
  • 寿命が長い(平均2~3日)
  • 数が少ない
  • スピードが遅い
  • 少し重い

女性の膣内は強い酸性に保たれています。Y精子(男の子)が苦手な環境でX精子(女の子)にとって有利な環境を作ることで女の子を産み分けることができます

更に女の子を産むためにしてほしいことは・・・排卵日になります。

排卵日の2~3日前がポイント!

女の子を産み分けるのに一番有効な方法は、排卵日の2~3日前に性行為をすることです。通常、赤ちゃんが欲しいと思ったら、排卵日の性行為がベストだと考えます。
ですが排卵日の場合、膣内の酸性が弱まりスピードが速いY精子にとって有利になってしまうため、男の子が生まれやすい状況となります。

排卵日より前の場合、酸性の膣内でY精子は生き残ることができませんし、万が一生き残っても、排卵まで待つ間に寿命が来てしまいます。

逆にX精子は酸性に強く、排卵までの2~3日を生き残ることができるため、受精が可能になるのです。

排卵日をしっかりと把握するには

排卵日が確実にわかっていないと、排卵日2~3日前の性行為で女の子を・・というのは成立しません。月経周期が安定している場合は、次の月経予定日から14日さかのぼった日が排卵予定日です。

しかし、些細なストレスなどがきっかけで排卵のリズムが崩れることもあります。より正確に予測するには、基礎体温を毎朝同じ時間に測って記録し、グラフ化して周期を計ります。

低温期の最終日から前後2日ほどの間に排卵があると考えられます。体温差が少なかったり、低温期が長いなどの場合は婦人科に相談した方が良いでしょう。

市販排卵検査薬、さらに病院の精密な排卵検査薬ではより精度が高く排卵を予測してもらえますので、確実性を求めるのであれば病院に相談してください。

まとめ

女の子がほしいと思っている方へ、排卵日を重視した産み分けの方法をご紹介しました。とは言っても、これらの方法で希望する性別の赤ちゃんが授かる可能性は7~80%で、100%の方法というものはありません。

どちらの性別の赤ちゃんでも我が子はとてもかわいいものです。あまり神経質になりすぎずに、ゆったりと挑戦してみてください。