男女の産み分けができる?!ベイビーサポートの使い方とは

病院へ行かずとも赤ちゃんの性別産み分けができる“ベイビーサポート”をご存知でしょうか?ここでは、ベイビーサポートの使い方についてご紹介しています。
産み分けに興味のある方や、産み分け初心者の方も必見です!

「女の子」と「男の子」の性別の産み分けができることで話題のベイビーサポート!
病院へ通わなくても手軽に産み分けが可能なので、望む性別が決まっている人にはおすすめです。

ここでは、初心者ではわかる、ベイビーサポートの使い方についてご紹介しています。

ベイビーサポートの使い方の手順はたったの3つ!

ベイビーサポートがたくさんの人から支持されているのは、使い方がとても簡単なことも大きな理由です。
初心者でもわかりやすく、使用手順はたったの3ステップ!
説明書も付属しているので、安心ですよ♪

〈手順1〉

ベイビーサポートは、1個1個丁寧に包装されています。
ベイビーサポート開封する前には、手を必ず洗って、清潔にしておいてください。そして包装から取り出すようにしてくださいね♪
膣内へばい菌が入ることを防ぎましょう。

〈手順2〉

次にベイビーサポートの容器の先端についているキャップを取り外しましょう。
先端には小さな穴があいていますが、これは“ゼリー注入口”です。
つまり、産み分けをするための薬が出てくるところになります。

〈手順3〉

ベイビーサポートを膣内へ挿入します!
ベイビーサポートを持つときは、注射器を持つような感じで、力まずに行いましょう。

ゼリー注入時は、容器をすべて挿入するのではなく、半分くらいまで挿入するのがポイントです。

親指でピストンをしっかり押して、ゼリーを膣内へ注入してください。
ピストン部分が容器の奥までピッタリ押し込まれているのを確認できたら完了!
ゼリーがすべて膣内に入った証拠です。

ベイビーサポートを使用し終わったら、パートナーとの仲良し時間を!
たったこれだけです!

やり方は、生理の時に使うタンポンの装着方法と似ています。
慣れてしまえば、2、30秒で注入を完了できてしまいますよ。
驚くほど簡単ですよね!

もし自分では難しい…という方は、パートナーにお願いしてみるのもおすすめです。

ベイビーサポートを使う時は、仲良し直前でOK!

ベイビーサポート以外の産み分け薬は、仲良しの10~15分前に膣内へ入れておかなければならないものが多いのですが…
ベイビーサポートは、なんと仲良し直前の挿入でOKなんです!

注入してから仲良しをするまで時間があくと、なんとなく気持ちも下がり気味になってしまいますし、なにしろ“小づくり感”がでてしまいますよね。
その点、ベイビーサポートなら、雰囲気を壊すことなく、注入後すぐから産み分けの効果があるのでとても使いやすいメリットがあります。

ゼリーは、硬すぎず柔らか過ぎずちょうど良いので、注入後垂れてくる心配もありませんし、膣内へしっかり行き渡るので、1回の仲良しにつき1本と、明確な使用量が記載されています。

あなたの好きなタイミングで、サクッと手軽に自宅で使えるベイビーサポート。
産み分けを検討している方は、ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか?