ベイビーサポートが産み分けできる仕組み

高確率で産み分けが成功できることで人気を集めている、ベイビーサポート!成功率はなんと80%以上とも言われています
なぜ、ベイビーサポートで産み分けができるのか、ここでは、その仕組みについてまとめています。

最近では、希望する性別の赤ちゃんが欲しい人が、“産み分け”をするのも一般的となってきました。
通院せずに自宅で気軽に使えるベイビーサポートは、産み分けを希望する人には欠かせない存在です。
そんなベイビーサポートですが、産み分けができる仕組みはどんなものなのでしょうか?

ベイビーサポートは“ph値”を調整できる!

ベイビーサポートの成功率は、80%ほどであると言われています。
基礎体温などを測り、排卵日をチェックしてタイミングを合わせる方法や、体調管理をしっかり行った場合でも、産み分け成功率は60%前後と言われていますから、ベイビーサポートの人気にも頷けますよね!

ベイビーサポートは、膣内にゼリーを注入するだけで誰でも簡単に産み分けができます。

なぜなら、ベイビーサポートは膣内のph値をコントロールできるからなのです!

膣内のph値をコントロールできることが、なぜ産み分け成功率に影響するのか…。
その仕組みについてもご説明させていただきますね。

お腹に授かった赤ちゃんの女の子or男の子の性別が決定するには、精子の持つYとXの染色体が関係しています。
Yの染色体が卵子と受精すれば男の子、Xの染色体が卵子と受精すれば女の子が誕生する、という研究結果があります。

このYとXそれぞれの染色体は、運動量が増える環境、すなわちphの適した値が異なります!
Yはアルカリ性、Xは酸性の環境で、それぞれ活発に細胞が動きます。
逆に、Yは酸性に弱く、Xはアルカリ性に弱いという性質も持ち合わせています。

=>こちらに図でわかりやすく説明していますので是非見てみてくださいね♪

つまり、男の子が欲しい人は、「膣内環境をアルカリ性に」女の子が欲しい人は、「膣内環境を酸性に」することが、産み分けを成功する上で最も重要なことなのです。
ベイビーサポートは、男の子が欲しい人と女の子とが欲しい人とで、使用するゼリーが異なり、ph値をそれぞれに適した値でコントロールすることができます!
男の子希望専用の“ボーイ”を使用すると膣内をアルカリ性に、女の子希望専用の“ガール”を使用すれば膣内を酸性に保てるように、ph値をコントロールします。

ベイビーサポートは、希望する性別の赤ちゃんができる、ベストな環境を整えてあげることが可能なので、高確率で産み分けを成功できているのです!
日本国内でベイビーサポートが35万本も選ばれているのにも、納得できますね。

ただし、ベイビーサポートを使用する前には絶対に理解しておくべきことがあります。
それは、ベイビーサポートを使用しても、希望する性別の赤ちゃんを授かれる可能性は絶対ではないということです

べイビーサポートはもちろん、どんな産み分け方法を実践しても、成功率が100%のものは1つもありません。

ベイビーサポートは、あくまでも、産み分けの成功率を上げるために有効な手段のひとつということを理解した上で使用しましょう。