女の子の産み分けを成功させる秘訣をご紹介

将来、子どもが大きくなったら一緒にショッピングしたい、お料理をしたい…。
そんな日を夢見て、「赤ちゃんを授かれるのなら、女の子が欲しい!」という願望を持っている人は少なくないのではないでしょうか?

そんな方必見!ここでは、女の子の産み分け成功率をUPさせる方法をご紹介します。

狙うのは、排卵日2日前!

実は、女の子を授かりやすいタイミングというものがあり、それは排卵日の2日前と言われています

このタイミングにバッチリ合わせることができれば、女の子ができる確率もぐっと上がります!
排卵日のタイミングをしっかり合わせるためには、排卵日を把握することが必須です。

排卵日は基礎体温をチェックする方法でも排卵日は特定できますが、おすすめなのはより確実な「排卵検査薬」を使う方法です。
排卵検査薬は、排卵日が近づくにつれて反応(色)が濃くなります。なので、排卵日当日が分かりやすいんです!

ただし、この排卵日タイミング産み分けをする上で、2つ注意したい点があります。

1つ目は、男の子を授かりやすいタイミングが、排卵日当日ということです。
「え、たった1日しか変わらないじゃないか!」と思った人もいることでしょう。
その通り、女の子ができやすいタイミングと男の子ができやすいタイミングは、常に隣合わせなんです。

そして、2つ目は、女の子ができやすい日以外は避妊をすることです
「女の子が欲しい」という目標がある以上、男の子ができる確率ができるだけ避けたいもの。
そのことからも、女の子を授かりやすい日以外は、できるだけ避妊した方が良いかもしれません。

セックスは、浅く挿入を心がける!

セックス時、男性はつい深く挿入してしまいたくなるところですが…。

パートナーにはその気持ちをぐっと我慢してもらい、浅く挿入するように頑張ってもらいましょう!
なぜなら、女の子の性別が決まるX染色体は、酸性に強くアルカリ性に弱いという性質があり、女性の分泌液によってその度合いが変わってくるからです。

激しいセックスをして女性の分泌液が多くなれば、酸性が薄まり、アルカリ性に傾きます。つまり、女性が感じれば感じるほど、男の子ができやすいということなのです!
女の子を希望するときは、その逆で、できるだけ感じることなくあっさりしたセックスが望ましいということになります。

女性がオルガズムを感じることなくセックスを終わらせられるのが、最も理想的です

できるだけ前戯は少なくし、短時間でさらっと終わらせるように心がけましょう!
浅く挿入する=さっぱりしたセックス、となってしまいますが、これも女の子を授かるためには大切なことです。

女の子の産み分けは、男の子を生み分けるよりも難易度が高いと言われています。
長い道のりになることも少なくありません。

女の子の産み分けをする際には、ゆったりのんびりとした気持ちを持ってチャレンジしてみてくださいね。