男の子が欲しい人必見!男の子を産み分けできるグリーンゼリーとは?

お子さんを産みたいと思っている皆さん、産み分けができるって知ってましたか?聞いたことがあるけど本当にできるのか不安な人もいますよね?今回は男の子の産み分けができると言われているグリーンゼリーについてご紹介していきます。

グリーンゼリーとは?

そもそもグリーンゼリーとはどういうものなのでしょうか?グリーンゼリーとは男の子を産み分けることのできるゼリーです。

このゼリーを膣の中に入れた状態で性交渉を行うと膣の中のpHの環境を整えてくれます。そのため男の子が生まれてくる確率が高くなるのです。

どうして膣の中のpHの環境が整うと男の子が生まれてくるのでしょうか?

グリーンゼリーでどうして男の子が生まれてくるの?

もともと精子にはY染色体精子とX染色体精子の2つがあります。生まれてくる赤ちゃんの性別は、この2つの染色体のどちらかの精子が卵子とくっついて受精するかによって決まります。

つまり、産み分けをしたい方は、この2つの精子の特徴をよく理解しておくことが重要です。

男の子になるY精子は酸性で熱に弱いのです。精子の寿命としては平均で24時間と言われています。

反対に、女の子になる精子は酸性と熱に強く寿命が平均で2〜3日と長いです。

膣の中は普段、細菌などの侵入を防ぐため酸性になっています。また、膣の中は奥にいくほどアルカリ性が強くなっています。

そして、グリーンゼリーにはY精子が活発に生き延びやすいアルカリ性に膣の中を整える働きがあるのです。

つまり、アルカリ性に膣の中を整えるグリーンゼリーはY精子とくっつき、受精する確率をあげてくれるのです。確率を上げてくれるこのグリーンゼリーですが、産み分けの成功率は果たしてどのくらいなのでしょうか?

産み分けの成功率はどのくらい?

グリーンゼリーを使用せず、自然に妊娠した場合男の子と女の子で生まれる確率は男の子105対女の子100と言われています。ほぼ半分半分ですね。

グリーンゼリーを使用し性交渉を行うと70〜80%の確率で男の子が生まれてくるという結果があります。

ですが、グリーンゼリーを使用したからといって100%の確率で男の子が生まれてくるとは限りません。グリーンゼリーはあくまで受精の仕組みを利用し、少し性別の判定を男の子へと導いてくれるものだということを頭でしっかりと理解しておきましょう。

そのため、グリーンゼリーにだけ頼るのではなく自分の排卵日をしっかり把握し、性交渉の時の環境をしっかりと整えることで成功の確率もぐっと上がります。

まとめ

男の子が欲しいと思っている方にとってはグリーンゼリーを頼るのも1つの方法だと思います。

ですが、グリーンゼリーに頼るだけでなく、自分の排卵日などしっかり把握しておくことも大事です。より多くの方が自分の希望する赤ちゃんと出会えることを願っています。