排卵日が重要!排卵検査薬を使った男女が使った産み分け方

「排卵日が重要!排卵検査薬を使った男女が使った産み分け方」

妊娠を希望するには、排卵日を知ることが重要です。排卵日を特定するのに一般的に知られているのは基礎体温をつけるという方法ではないでしょうか。今では、別の方法の一つに排卵検査薬というものがあります。

基礎体温を付ける方法よりも手間がかからないところが人気です。この排卵検査薬を産み分けに活用するにはどうするのかご紹介します。

排卵検査薬とは

排卵検査薬とは、女性の黄体形成ホルモンに反応することで排卵日を予測する検査キットのことです。

使い方は非常に簡単で、排卵検査薬の先端部分に尿をかけだいたい5〜10分くらい待てば排卵の有無がわかります。種類によって排卵を表示する方法は異なりますが、ほとんどは色のついた線が出るか出ないかで排卵の有無を示します。

排卵検査薬の使用するタイミングとは

便利で簡単とはいえ、気づいたときに排卵検査薬を不定期で使用していては排卵日を予測は困難です。正しく予測するためには数日間連続で使うことと変化を把握する必要があります。

いつから排卵検査薬を使い始めたら良いのか気になりますね。生理周期が規則的か不規則かで使用タイミングを変えるとよいです。自分の生理周期から決めると無駄が少なくわかりやすくなります。

妊娠をせつに望む場合この排卵日に神経質になっていることが多いですが、きちんとした知識を身につけましょう。生理が毎月きちんとあるのであれば、排卵は毎月あるということです。

女性が妊娠しやすい日は、一か月のうち排卵日の1日ということではないのです。正確にいうと卵子は、約24時間の寿命で受精が可能な時間としては約6~8時間しかありません。
精子の寿命は、約2~3日間あります。

この仕組みを利用して、排卵日の2日前から排卵日の3日間に性交を行うことで妊娠の確立が上がります。つまり、排卵当日を待つということではなく少し前から排卵まで女性の体内で精子を待たせるという論理です。

産み分け方法は?

妊娠するのに絶対な排卵日ですが、排卵日の2日前から排卵日当日の3日間すべてにおいて女性の膣内の状況が一定ではありません。そこを利用して産み分けを行うというものです。

一般的には、男の子を希望する場合は排卵当日に性交を行うとよいとされます。これは、Y精子がアルカリ性に強いのですが酸性に弱いので膣内がアルカリ性である排卵当日がベストなのです。

女の子を希望する場合は、X精子が酸性に強くアルカリ性に弱いという特徴から膣内が酸性である排卵日の2日くらい前がベストなタイミングです。

排卵検査薬の陽性反応が出た後、排卵日はいつごろ?

排卵検査薬の陽性反応がでたら即ベストなタイミングではありません。陽性反応が出た日がイコール排卵日ではありません。正確には陽性反応が確認されて24〜48時間後に排卵が起こるとされています。

精子については、生存時間はおよそ72時間ですが受精能力を持つのは射精後6時間とされています。これら排卵日と精子の特徴を考えると陽性反応が出た当日か翌日である排卵前から直後にかけての性交がベストなタイミングといえるでしょう。

確実に排卵日を知るためには、排卵検査薬の陽性反応の見方を間違えないようにしましょう。排卵検査薬の結果の表示にはコントロールラインとテスト結果ラインの2本のラインがあり見分けます。両方にはっきりと2本の縦線がみられた場合のみ陽性となります。

コントロールラインに線がないときはうまく検査できていないということなので、再度検査をしてみましょう。

まとめ

こうしたアイテムを総合的に活用してもなかなかリズムがつかめないときや妊娠に至らないときは、医師に相談してみることです。

また、女性の体はデリケートなため精神的に敏感になりすぎることでも体調に変化が起こります。リラックスして妊娠につながる生活を送れるように体調の変化を記録して過ごしてくださいね。