産み分けの成功確率はどのくらい?男女の産み分け方について!

男の子と女の子の産み分けの成功率はどのくらいなのでしょうか。また少しでも確率を上げる方法はあるのでしょうか。
男の子と女の子、それぞれにわけてご紹介していきたいと思います。

女の子と男の子それぞれ産み分けの成功率

しっかりとした準備が必要なのは言うまでもないのですが、過去20年の統計でいえば70%を超えています。単純に考えて自然に生まれてくる子供(産み分けをしない)だと50%の確率なので高いといえます。

男の子と女の子どちらが難しいか

それでは、男の子希望で男の子が生まれる可能性はどの位なのでしょうか。実はほとんど同じ数字がでています。それではどちらの性別も難しさは同じなのでしょうか。

実は、男の子を生む方が女の子を生むよりも簡単といわれます。それは排卵日に関係があります。男の子は、染色体の関係上排卵日に性交した方が確率はあがります。女の子の場合は2~3日前が理想の時なので、排卵日が来てしまってからでは遅いのです。

しっかりと排卵日を予想する必要があるのですが、病院や産婦人科でも予想をする事はできてもぴたりとあてる事は難しいのです。

男女の産み分け方について

女の子を生むときは排卵日の数日前に性交するのが時期的に良いのですが、性交後1週間は避妊をするようにしましょう。男の子が生まれるY染色体の精子はアルカリ性に強く、排卵日から数日が膣内は酸性が弱くなります。
他の方法としては、膣内の酸性を強くする為ピンクゼリーを使う事もできます。男の子が生まれるY染色体は酸性に弱く、女の子が生まれるX染色体は酸性に強い為です。
男の子が欲しい場合は逆で、排卵日当日もしくは2日後以内に性交をするとY染色体と卵子が受精する可能性が高くなります。
どちらの性別を希望であっても、排卵日の把握がいかに大切かわかっていただけると思います。排卵日を基準にそれぞれの希望の性別にあった日を選ぶ事が大切です。

まとめ

男の子を希望して男の子が生まれる場合と、女の子を希望して女の子が生まれる場合は確率でいえばほとんど変わりません。これは、過去20年の統計が示しています。
また、確率は70%を超えており自然に生むよりも確率が遥かに高い、つまり産み分けの為の準備をしていて効果はでているという事が言えます。ただ時期的な問題で女の子の方が産み分けるのは難しくなります。
排卵日を知る事、そして何よりも旦那様の協力がなくては産み分けは難しくなります。赤ちゃんは産み分けでも夫婦の共同作業である事には間違いありません。