排卵検査薬で産み分けにチャレンジ!使い方と確率は?

男女産み分けのためには、排卵検査薬の活用が有効です。排卵日を正確に知ることで産み分けのタイミングを計ることができるので、排卵検査薬を上手に取り入れて産み分けに成功しましょう。

重要なのは排卵日を特定すること

妊娠をすることはもちろん、産み分けするにあたっても排卵日の特定が重要になってきます。

排卵日を予測する方法にはいくつかありますが、市販の排卵検査薬を使えば尿の成分から排卵日を知ることができます。ただし、生理不順の人には残念ながらこの方法は適用できません。
では、排卵日を知った上でどのように産み分けをするのでしょうか?具体的に見ていきましょう。

陽性反応を見逃さないで!

男の子を産むためには排卵日当日、女の子を産むためには排卵日の2~3日前にトライすることが必要です。排卵検査薬を使用して毎日検査をした場合、排卵日を挟んで陰性→陽性→陰性と変化しますが、この時、陽性反応は2日間続きます。

排卵日は陽性から陰性に変わった日ですので、男の子を望むのならばこの日にトライしてください。

一方、女の子の場合はタイミングを計ることが少し難しくなります。陽性反応が出てから半日~1日後に排卵がありますので、陽性反応二日目のトライではタイミングを逃すことになってしまいます。
そこで、陰性から陽性に変わる微妙な変化を見極めなければなりません。つまり、陽性反応が薄く出た日を見逃さず、その日にトライすることが大切なのです。

成功させるには

排卵検査薬は排卵日を予想するためのものなので、製品によって陽性反応の出方が異なります。産み分けのために排卵検査薬を使用するのであれば、ある程度精度が高いと言われている製品を選ぶことが大切です。

そして成功するまでは続けて同じ製品を使うこと、毎日同じ時間に検査をするといった基本を守ることも忘れてはいけません。また、その上で、完全な陽性になる前のうっすら陽性の時には1日に何度か検査をしてみることも必要になってきます。

排卵検査薬を使って産み分けをすることはできますが、この方法一つでの成功の確率は現在のところはっきり何パーセントと言うことはできません。

よって、何か他の方法と組み合わせることで産み分け成功の確率を上げることができると言えます。

まとめ

排卵検査薬を使った産み分けについて見てみましたが、いかがでしたか?検査薬を購入する費用と手間は掛かりますが、排卵日を自宅で手軽に知ることができるのでトライのタイミングも自分で分かります。

ただし、排卵検査薬を使用する方法だけで産み分けをするのは100パーセントとは言えませんので、他の方法も一緒に活用して成功率を上げましょう。