メリットだけじゃない?!知っておきたい産み分けのデメリット

子どもが元気に産まれてくることが親の一番の願いですが、これから赤ちゃんを産もうと考えている方の中には「女の子(男の子)が欲しいな」と思っている方も多いでしょう。
自分の希望の性別の子供を産み分けるデメリットはあるのでしょうか。

産み分けをするデメリットとは

産み分けの方法は多種多様で中には何の根拠もない、迷信のような方法も存在します。一般的に産み分けの方法とされ、世間で広く知られている産婦人科でのタイミング法や潤滑ゼリーでの産み分け法も100%の確証が得られないのが現実です。

完璧に思い通りに産み分けができるということはありません。産み分けが可能とされている方法通りにしても必ずということは言い切れず、希望通りにいかないこともあるということが一番のデメリットだと言えます。何もしなければ確立しては50%。ピンクゼリーなどをしよすると70%~80%ぐらいまでは確率が上がりますが、上記にも書きましたが100%ではないことをきちんと理解する必要はあると思います。

また、産み分けにこだわるあまりストレスになってしまうこともあります。
一番怖いのは、産み分けをしたのに希望通りにいかず、生まれた子供に我が子ながら愛情が注げなくなってしまうという状況になった場合です
始めは男の子(女の子)がいいと願っていた人もエコーを用いた性別診断を行い希望していた性別と違うことが分かると、人工妊娠中絶などに繋がった事例が多く報告されています。

メリットとは

高齢出産、少子化など1人の女性が産む子供の数は減っています。夫婦共働きが多くなっているという社会情勢も原因と考えられます。
以前なら、希望の性別の子供ができるまで何人も出産したという話も耳にしましたが、今では、産み分けという方法を利用する考え方があります。
デメリットとしては、何度も出産しなくても望む性別の子供が生まれてくるので自分の描いている理想通りになるということです。
例えば男の子、男の子と続いた場合、3人目も「また男の子かなあ」と不安に思ってしまう夫婦は結構多いです。
結婚相手や自分のやりたいことを選ぶように、産まれてくる子どもの性別を選ぶ権利が育てる親にあっても良いのでは、という意見や誰にでも理想の家族像があり、その家族像、理想の未来を築けるよう産み分けをするという考えの夫婦もいます。

産み分けを望む理由

時代の流れと共に便利な世の中になってきてることから、産み分けゼリーなど時代のニーズに合わせてたくさんの物が開発されています。また、産み分けの方法も情報としてながれています。
少子高齢化の問題が深刻化しつつある日本において第一子を産む母親の年齢が高齢化しているということもあり、一人っ子や二人兄弟を出産する上で我が子の性別をコントロールできたらと思うのでしょう。

まとめ

昨今の高齢出産率が高くなっている現状や親の希望の性別の子供を出産することで、理想の未来が築けるというメリットが期待できるでしょう。
しかし、産み分け自体は100%かならず成功するというものではありません
産み分けに固執するあまり夫婦間に亀裂が入ることやストレスになることが考えられ、かえってデメリットとなってしまうこともあります。
自分の気持ちとうまく折り合いをつけて、夫婦で楽しく取り組むのが一番でしょう。