産み分けゼリーのメリットデメリット、使う前に知っておきたいこと

赤ちゃんの性別の産み分けの方法のひとつである産み分けゼリーの使用を考えてはいるけれど使い方や効果に不安があり、どうしようか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
知っておきたいメリット、デメリットであり、使う前に知っておいたほうが良いと思われることをいくつかあげていきます。

そもそも産み分けゼリーとは

産み分けゼリーとは、女性の腟内にゼリーを注入することで産み分けしたい希望の性別にあった染色体にあわせた環境にするためのゼリーのことです。

産み分けゼリーは、科学的な視点からどのようにしたら産み分けが可能かという研究に基づいており、女の子の場合は70~80%、男の子の場合は81~91%と高い確率で産み分けが可能とされています。

この数値は自然妊娠では非常に高い確率なので、病院でも産み分けしたい患者のためにおすすめとされています。昨今では、医学的なメカニズムに基づいた産み分けの方法も出てきていることから、産み分けそのものをサポートするクリニックもあります。

自然妊娠の産み分けのひとつには、バイオリズム法という方法もあります。この産み分け方法は、女性のバイオリズムに従って性交を行う日にちを決めるものです。

バイオリズムは、心理学に基づいていることから精神的な面と身体的な面の両面から膣内の環境が弱酸性のままの状態になりやすいかアルカリ性に寄りやすいかが分かるものです。

要は、産み分けゼリーを使用せずに膣内の環境を希望する性別の染色体の精子に適した状態にするための方法になります。

こちらの場合は、確実に酸性濃度を調整するというものではありませんので、産み分けゼリーと併用することで産み分けの確率が高くなる可能性があります。

産み分けのメリットとデメリット

日本では少子化が進み、一人っ子、また二人兄弟が増えているため産み分けを望む夫婦が増加傾向となっています。希望する性別の赤ちゃんが誕生することで、夫婦のもつ理想的な家庭を築けるのがメリットな点です。

産まれてくる子供の性別を親が選んでも良いのではないかという意見も中にはあります。また、子供は授かりものということで産み分け自体に賛成できないとする意見もあり、感じ方は様々です。

少子高齢化が進む日本においては、こういった産み分けゼリーで子作りに励まれるきっかけとなるのもメリットだと言えるのではないでしょうか。

デメリットとしては、産み分け方法は実に様々で中には何の根拠もない方法も存在します。また、理論や化学的に研究された方法や病院で指導される方法でも絶対というものは存在しないということです。それは、産み分けゼリーについても同じです。

産み分けにこだわるあまりに精神的なストレスのほうが大きくなってしまうこと、莫大な費用をかけてしまう結果になることなど逆に良くないことばかりになることもあります。

まとめ

産み分けゼリーを使用する際には、ほかの産み分け方法と併用することで成功率をより高めることが期待できます。

しかし、産み分けはどんな方法でも”絶対”という確信ありません。固執するあまり期待通りの結果でなかった場合にがっかりしてしまうのは生まれてきた子供にとっては良くありません。

あくまでも希望がかなえばありがたいという程度に考えましょう。